カリフォルニアの宝くじ


宝くじで一攫千金、当ててみたいですよねぇ~。
もちろんカリフォルニアにもありますよ、宝くじ。
カリフォルニア州が運営している「Super Lotto Plus」(スーパー・ロト・プラス)。他にも「Fantasy 5」や「Daily 3」、「Scratchers」などのゲームがありますが、賞金の額でいったら「Super Lotto Plus」がダントツです。前回の抽選では1等賞金が72ミリオンダーラーまでになったんですよ~。日本円にして約77億円!!すごいでしょ?これはアメリカの国全体じゃなくて、カリフォルニア州だけで出るお金です。日本の宝くじなんてしょぼく思えちぇいますよね^^;

18歳以上の人が現地で購入すれば、外国人でも当選の資格があるんです。このチャンスを逃さず一攫千金を狙ってみて下さい。

「Super Lotto Plus」は、選んだ数字が全てマッチすればJack Potと呼ばれる1等賞。日本のロト6のようなものですね。
Jack Potが出なかった場合、賞金は次回に持ち越されるしくみなので、それが何度か重なれば前回のように72ミリオンダーラーなんていう数字になったりするんです。もし当選者が出た場合でも、次回からの1等賞金は7ミリオンダーラー(約7億5千万円)からスタートしますから、それでもすごい金額ですよね?
ただ賞金は当選者数で割られます。例えば前回の72ミリオンの賞金に2人の当選者が出た場合は半分ずつになりますから、1人36ミリオン。これに税金もかかってくるのでお忘れなく。

さて、購入方法です。

c0058670_211529.jpgc0058670_255932.jpgこのサインのある加盟店ならどこでも購入可能。ガソリンスタンド、コンビニ、リカーショップ(酒屋さん)等が一般的です。

c0058670_21549100.jpg

タッチパネルで簡単に買える右のようなマシーンが置いてあることもありますが、ロサンゼルスで最もポピュラーな買い方、手書きの購入方法をご紹介します。


c0058670_2245992.jpgc0058670_2223999.jpg
お店に入ると左のようなカウンターがあって、そこに自分で書き込む用紙が置いてあります。
この用紙一枚で5ゲームまで購入でき、1ゲームにつき1ドルです。

左枠の1~47までの数字の中から好きな数字を5個(ファイブナンバー)と
c0058670_2335078.jpg

右枠の1~27までの数字の中から好きな数字を1個(メガナンバー)を選びます。
c0058670_2354232.jpg

これを、買いたいゲーム数分記入します。また、当たった場合に26年間の分割で受け取るか(全額支払われる)、一括で受け取るか(賞金の半分くらいしか支払われない)を購入時に決めておかなければなりません。記入用紙の上の方に、”26 Annual Payments” or “Cash Value”という欄があるのでそこにチェックしましょう。26年先のことなど分からないという理由で一括受け取り方法を選ぶ人が多いそうですよ。

全て書き終えたら購入です。


c0058670_2463875.jpgc0058670_2413085.jpgお店のレジカウンターで書き終えた用紙を渡し、お金を払えば左のようなチケットをもらえます。これが大事な大事な抽選チケットになりますからね。

当たりは以下の9通り。賞金は当選者数で割るので毎回金額が変わります。(ただし、8等2ドル、9等1ドルは確定しています)

1等 ファイブナンバー5個とメガナンバーがマッチ
2等 ファイブナンバー5個マッチ
3等 ファイブナンバー4個とメガナンバーがマッチ
4等 ファイブナンバー4個マッチ
5等 ファイブナンバー3個とメガナンバーがマッチ
6等 ファイブナンバー3個マッチ
7等 ファイブナンバー2個とメガナンバーがマッチ
8等 ファイブナンバー1個とメガナンバーがマッチ
9等 メガナンバーのみマッチ

抽選は毎週水曜と土曜の夜7時57分に始まります。その直前の7時45分まで、その日の抽選分を買えますよ。抽選結果の発表は、California Lotteryのウェブサイト、ロト加盟店、当日の夜のニュース、翌日のLA Times紙でチェーック。

本当に当たったら・・・
600ドル未満の場合は、ロト加盟店でその場で現金が受け取れます。
600ドル以上の場合は、ロト加盟店で申請書(Claim Form)と証明書(Claim Receipt)をもらい、これらを当選チケットと一緒にLottery District Officeに郵送します。また、Lottery District Officeに直接行って申請することもできます。

当選したチケットは現金と同じですから、チケット裏に自筆サインをしておきましょう。また、証拠のために裏表のコピーをとっておくこともお勧めします。
賞金の請求期間は、抽選日から180日以内ですからね。滞在中に処理できるよう計算した曜日で購入するか、180日以内にまたカリフォルニアに戻ってきてください。

ちなみに前回、72ミリオンを夢見て私も買ってみました。結果はファイブナンバー1個とメガナンバーがマッチの8等が一本(賞金2ドル)。そう簡単には当たりませんね;
でもね、この72ミリオン、当選者1名出たんですよぉ~
あやかりたいですね。

☆このSuper Lotto Plusの賞金額を更に上回る「Mega Millions」が昨年末から始まりました。Mega Millionsは複数の州が混合で行うロト宝くじで、カリフォルニアは12番目の州として仲間入り。1等賞金のスタート額は1200万ドル(約13億4千万円/2006年6月現在のレート)と今まででも最高額。購入方法等はSuper Lotto Plusと同様。当選者が出なければ賞金は次回に累積されるので、参加人数が増せばその当選金額も当然大きくなります。ものすごい賞金額も出るかもしれませんね♪当ててみた~い!!(2006年6月) 
[PR]
by miki-priere | 2005-04-07 03:04


<< 看板犬のいるペットグッズ屋さん LAのベストカフェ >>