チャップリン・スタジオ

c0058670_5531233.jpg
セサミストリートに登場するカエルのカーミット。 どこにいるかというと・・・

c0058670_5533753.jpg
かつて「The Charlie Chaplin Studio」(チャーリー・チャップリン・スタジオ)として使われていた建物の上なんです。

この建物は1917年にチャップリンが購入、翌1918年に映画スタジオとしてオープンしました。その後約30年の間に「犬の生活」「キッド」「黄金時代」「モダンタイムス」「独裁者」「ライムライト」等、数々の名作がこのスタジオで撮影されたんです。

チャップリンが永久にアメリカを去ることになった1953年、このスタジオはKling Companyに売却され、1966年にはA&Mレコードがレコーディングスタジオとして買収します。世界的に有名なチャリティーソング「We are the world」のレコーディングが行われたのもこのスタジオだそうですよ。

そして2000年、セサミストリートの生みの親であるJim Henson(ジム・ヘンソン)の会社がこの建物を購入し、現在は「The Henson Recording Studio」(ヘンソン・レコーディング・スタジオ)として使用されています。

チャップリンスタイルである燕尾服姿に山高帽を持ったカエルのカーミット、今ではハリウッドのランドマークとして前を通る人々の目を楽しませてくれています。


c0058670_1085536.jpg
以前ちょっとだけご紹介したことのある「Hollywood now & then」という本に1920年当時の写真が載っていました。85年前とほとんど変わっていないんですね。

c0058670_83915.jpg

c0058670_8391190.jpg


La Brea Avenueをハリウッド方面に北へ向かっている時、このカーミットが目に入ったら
∑ヾ( ̄0 ̄)オーッ、あれだっ!!と思い出してくださいね。


The Henson recording Studio
住所: 1416 North La Brea Avenue Hollywood, CA 90028



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-07-26 10:49 | ハリウッド


<< 最上階のテラスが気持ち良いカフェ LAのホットなレストラン >>