オープンハウス見学

不動産業の友達のお仕事に同行させてもらってオープンハウス見学に。約10億円する物件を見に行くというので、買う気もないのに(っつーか買えない;)ひょこひょこついて行ったのですが、残念ながらこのオープンハウスは急遽キャンセル。別に予定していた約3億2千万円の新築物件を拝見させてもらうことに。


c0058670_1375352.jpg
ウェストロサンゼルスの閑静な住宅街に建つこのお家は、ベッドルームが5つ、バスルームが4つ、駐車スペースが5台分もある新築一軒家。総敷地面積が7720スクエアフィート(230坪くらい?)、建坪だけで150坪以上あるそうです。


c0058670_1381061.jpg
リビングルームもダイニングルームも家族用とお客様用が別々に。高級住宅ではこれって結構普通です。(写真は家族用リビング)


c0058670_1552269.jpg
お家でお料理をしない家庭も多いと言われるアメリカですが、キッチンもショールーム並みに素敵な場合が多い;


c0058670_157073.jpg
広いマスターベッドルームには


c0058670_1571648.jpg
大きくて豪華なバスルーム(バスタブへの階段付き)がお部屋内に。

このお家は新築なので、家具やインテリアは専門のデザイナーさんがコーディネイトしているそう。新築でない場合でも、持ち主が住んでいる状態のままオープンハウスをすることが多いので、お家を拝見するついでにインテリアもしっかりチェックして楽しんでいる私^^; ちなみにここは家具付き物件ではありませんが、希望すれば手頃なお値段で譲り受けることも可能だそうです。


c0058670_158478.jpgここ5年で住宅価格は2倍以上になり、住宅バブルと言われ続けてきたロサンゼルスですが、その熱も少し冷めてきている模様。市場に出せば、オープンハウスをする間もなく買い手が現れた慌しい頃とは違って、毎週日曜、目にするオープンハウスの看板の数も増えてきているように思います。買い手のペースでゆっくり物件を選べるようになっているってことですね。

オープンハウスは誰でも入って見ることができるので、滞在中に看板をみつけたら、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。アメリカの家庭が少し分かるかもしれません。ただし「観光気分で大勢でぞろぞろ」「許可なしに写真パシャパシャ」は絶対にいけませんからね!!!

お友達YasukoさんのブログFor Sale ! ロサンゼルスの豪邸 ブログでオープンハウス見学では、もっとすごい豪邸を紹介しています。様々な角度から見た平均値や比較値をピピピッとはじき出し、その資産価値を面白く分かりやすく解説していますよ。




☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2006-08-11 11:36 | ★基礎知識


<< 残暑お見舞い 2006年 こんなとこに?実力派なセレクト... >>