チャリティーイベント

c0058670_265114.jpg
難病と闘う子供達の願い事を叶えるために活動しているボランティア団体『Make a Wish』(メイク・ア・ウィッシュ)は、ずっと前にお伝えしたワインテイスティング&オークションイベントの他、年間を通して様々なチャリティーイベントを行っています。先日は、前回ご紹介したSocial Hollywood で bebe のファッションショーが行われました。


c0058670_21827.jpg
カクテルレセプションに続いてファッションショー(ここまでのチケット$75)、その後はSocial Hollywoodのメンバーしか入れない2階フロアにてアフターパーティ(これも入れると$100)。スポンサーからの協賛金とチケット代金が基金及び活動費として利用されます。



c0058670_318690.jpg
アメリカでMake a Wishがスタートした1980年以来、叶った夢は154000以上。ボランティアの数も25000人以上にのぼります。そしてこの日も難病と闘う16歳の女の子の「ファッションモデルになってショーのステージを歩きたい」という夢が一つ叶いました。



c0058670_3535231.jpg
この活動は単に病気と闘う子供達の思い出づくりのためでなく、夢を実現することで病気に立ち向かう勇気や前向きに生きる力を身につけて欲しいという思いが込められています。そして、それを叶えた子供の輝く瞳に逆に元気付けられる大人がたくさんいるのです。



c0058670_4234018.jpg
チャリティーやボランティアは、一方が “やってあげている” のではなく、それをすることによって自分自身も楽しかったり成長できたりする。あるいは、自分のためにしていることが相手のためにもなっているという、相互的な意味があってこそ本当なのだと思います。チャリティーは時に、主催側や参加側のイメージ作りや贅沢を享受する側からの施しのような、マイナスの印象で語られることもありますけれど、一番大切なことは、その行為によって救われる人がいたり出来事があったりするということ。

私も自分自身の心と感性を豊かにするために、チャリティーやボランティアにはどんどん目を向けていきたいと思うのです。


Make a Wish
Make a Wish Los Angeles
メイク・ア・ウィッシュ ジャパン


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2007-10-22 01:31 | ★その他


<< 南カリフォルニアの山火事 往年のスターが通った社交場 >>