カテゴリ:★その他( 29 )

椰子の木

c0058670_1357842.jpg
いつも通っている道の道路沿いに並ぶ椰子の木。9月頭にたまたま撮った写真ではこんなだったのが・・・





c0058670_13571992.jpg
気付けばいつの間にかカットされていて、パイナップルみたいになっちゃってたので何だか可笑しくなりました^^
何かと忙しくて慌しい毎日ですが、こんな何気ないことに気を留めたり、周りに目を向けられる心のゆとりは常に持っていたいと思う瞬間でした・・・てか、これだけ変わってたら普通気付くっつの^^;


青い空と椰子の木、豊かな緑と鮮やかな色に咲くお花、太陽を受けてキラキラ光る海。印象に残る建物が少ない分、そういった自然がLAらしい場面の一つ。限られた時間でのせわしないご旅行だったとしても、目に焼き付けていって欲しいシーンですね☆



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2006-10-24 16:06 | ★その他

The Grudge 2

c0058670_6421283.jpg
招待状からしてこんなに怖いのです;


c0058670_6424030.jpg
恐怖のあまり、せっかくのレッドカーペットの写真もぶれるぶれる;



c0058670_6424978.jpg
だって伽椰子(Kayako)がぁぁぁ・・・


c0058670_739418.jpg
こんな目でガンつけて脅すんだもん・・・・・・怖いからこっち見ないでっ^^;



c0058670_739559.jpg
10/8(日)、Knott's Berry Farm にある映画館で「The Grudge 2」のプレミア試写会が行われました。大ヒットしたホラー映画「The Grudge」(日本でのタイトルは“The Juon/呪怨”)の続編です。

2004年10月に全米公開された「The Grudge」は、初日で約15億円の売上を記録、2週連続して全米興行収入1位という快挙を成した作品です。その第2弾ということで、皆さんの期待も膨らんでいることでしょう。

上映中、伽椰子と息子には驚かされっぱなし。あまりの怖さに何度椅子から転げ落ちそうになったでしょう。でもそれは私だけじゃなかったですよ。隣の人も前の人も、向こうの人もみんな同じ瞬間に飛び跳ねてましたから^^;

ただね、怖いだけじゃなく、怖いんだけど笑ってしまう場面のあるギリギリの面白さがこのシリーズのひとつの特徴で、それは張り詰めた緊張をほぐしてくれる心地よい瞬間です。このバランスの良さは、監督独特のセンスなのでしょうか。




c0058670_1511947.jpg
そんなお茶目な監督は、前作同様、ホラーを撮ったらピカイチの清水崇監督(写真右から二人目)。そしてプロデューサーも、前作をヒットに導いた凄腕プロデューサー、一瀬隆重さん(写真左)。




c0058670_1540391.jpg
全米公開は不吉な予感のする10月13日の金曜日。 ) ゜o゜( ヒィー  日本公開は来年8月の予定だそうです。



The Grudge 2



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2006-10-10 16:17 | ★その他

ひろしまドッグぱーくのワンちゃん達

c0058670_12173811.gif


こんな悲しいことが起こっているよ と犬好きの友達からメールが。

広島にあるドッグパークが閉園となったことで、飼育されていた約500匹のワンちゃん達が餌もお水も与えられず飢餓状態となり、動物愛護団体アーク・エンジェルズの方々に保護されたとのこと。

あってはならない出来事に、悲しみと憤りを感じます。ウェブサイトからだけの情報ですが、報告された写真から察するに、ワンちゃん達がどれだけ辛い思いをしていたのかが伺えます。

あんなにやせ細ってしまうなんて、どれだけ空腹に耐えていたのでしょう。
あの狭いかごに閉じ込められ続けた間、何を思っていたのでしょうね。

この事実を知った上で今の自分にできること、そしてこういった現実が起こりうる中で、今後やらなければならないことを深く考えた1日でした。


悲しみにくれた私が助けられたのは、実際ボランティアとして現地に行かれた方が、今の様子を写真付きでご自身のブログに報告されていたこと。ありがとうございます。
杉の泊いぬ日記
裏むぎゅず


このワンちゃん達が、これから楽しい毎日を過ごせるようにと願うばかりです。
[PR]
by miki-priere | 2006-10-01 14:06 | ★その他

Make a Wish 願いごとをする

c0058670_4205322.jpg
「Make a Wish」(メイク・ア・ウィッシュ)というボランティア団体があります。2歳半から18歳までの、難病とたたかう子供達や、体の不自由な子供達の“願いごとを叶える”ために活動している、非営利ボランティア団体です。 


c0058670_8161748.jpg1980年、アリゾナ州フェニックスに、白血病を患ったクリスという7歳の男の子がいました。彼の夢は警察官になること。それを知った地元警察官達は、病状が悪化したクリスを元気付けようと、制服にヘルメット、ミニチュアのバイクをプレゼントし、彼を名誉警察官に任命してあげました。ヘリコプターに乗って空からの監視をしたり、駐車違反の取締りをしたり・・・・・その5日後、クリスは亡くなってしまいましたが、彼の夢は実現したのです。世界中にたくさんいるクリスの様な子供達、「彼らの願いを叶えるお手伝いをしよう」とスタートしたこのMake a Wishは、今ではアメリカに71ヶ所、世界27ヶ国に支部があり、活動拠点は年々増えているそうです。日本にもあるそうなので詳しくはこちらから。☆写真はホームページからお借りしました☆



c0058670_1391631.jpg
先日、そのメイク・ア・ウィッシュ基金として毎年行われている、ワイン・テイスティングとオークションのチャリティーイベントがありました。会場内で提供されたワインやお料理を来場者が試飲、試食しながら、出品された商品をオークションで競り合うというもの。13回目を迎えた今年は2000人以上が来場し、29万ドル(約3,250万円/2006年5月現在のレート)の収益金となったそうですよ。


100以上のワイナリーと20以上のレストランがスポンサーとして参加しました。

c0058670_9225335.jpgc0058670_923277.jpg

c0058670_9231354.jpgc0058670_9232163.jpg

c0058670_9233895.jpgc0058670_9241021.jpg

c0058670_9242241.jpgc0058670_9243182.jpg



オークションに出品された商品にはこんなものが・・・

c0058670_1022086.jpgc0058670_1022876.jpg

c0058670_10222325.jpgc0058670_10223242.jpg

c0058670_10224671.jpgc0058670_10225359.jpg




c0058670_10254865.jpg
その他、ライブ・オークションでは“アメリカン・アイドルという人気テレビ番組のショーチケット、司会者と会える付き”とか、“プライベート・ジェットで飛ぶナパ旅行、高級レストランでの食事付き”などなどが、1万3千ドル(約145万円)のお値段で競り落とされたりしたようです。


c0058670_1025577.jpg
私も何気にこっそり“ある絵”に入札してたんですけどね、あんたなんてお呼びでないって値段で他の方に落札されちゃいました^^; まあ、そういうことで、オークションでは基金に協力できないこともありますが、入場チケット代(前売りで125ドル、当日は150ドル)も収益金となりますから、ほんのちょっとでも子供達のお役に立たせてもらえたと思えたことで、参加した意味はあったんじゃないかと思っています。


チャリティー先進国であるアメリカではこういった形態のチャリティーイベントがたくさんあります。来場者はイベントを楽しめて、スポンサーは企業の宣伝になる。そこで集まったお金が子供達のために使用されるんですから、こんなに良いことはありません。そして、イベントに参加することによって人々のチャリティーへの関心が高まれば、イベントとして更に大きな意義が出てくるのでしょうね。きっかけは「ワインが好きだから」でも「オークションに参加してみたい」だけでも良いと思うんです。機会があればこういうイベントに是非参加してみて欲しいと思います。

このイベントは5/13/2006にPacific Design Center(8786 Melrose Ave. West Hollywood, CA)で行われました。来年の予定はまだ出ていませんが、来年も同じ時期に行われる予定です☆



Make a Wish

The 13th Annual Uncork A Wish Wine Tasting and Auction(今回のイベント)



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2006-05-22 16:39 | ★その他

家庭のクリスマスイルミネーション

c0058670_4273266.jpg
クリスマスのイルミネーション。最近はロサンゼルスより日本の方がよっぽど派手で豪華に飾られているんじゃないかと思います。宗教的な意味合いが大きいアメリカのクリスマス、例えばクリスマスのお祝いはしないユダヤ系の方々が多く住む(であろう)エリアは以外と静かなんですよ。

そんなエリアでも、毎年圧倒される飾りつけで私達を楽しませてくれるお家があるんですね。私のカメラと技術では実際眼の前で見た時の感動はお伝えできませんけど、ちょっとだけご紹介します。(上の写真は on Wilshire Blvd.)


on Motor Ave.
c0058670_3145043.jpg


on National Blvd.
c0058670_315152.jpg


on Club Drive
c0058670_315914.jpg


on Sunset Blvd.
c0058670_3151747.jpg
ここだけ補足します。実際の豪華さが全然伝わらない写真ですが、なるべく全体をカメラに収めようと思ったら遠くから撮ることになってこんな写真に。

だってぇ~、このお家デカすぎるよぉ~;

右下に写った車と比較したらわかるでしょ?これでも全部収まりきってないのでした。



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-12-23 13:19 | ★その他

Sunrise & Sunset

いつも暖かいというイメージがあるロサンゼルスも、ここ最近は朝晩10度以下まで気温が下がるようになりました。それでも日中は晴れていれば20度くらい。時々小雨が降る肌寒い日もあるけれど、今年の12月は暖かい日が多いように思います。

それが理由かどうかは分かりませんが、日の出、日の入りの空もスッキリ綺麗。
住んでいても早起きしてわざわざ見ることもない朝日。車を運転中は眩しすぎて困る夕日。当たり前の存在となってしまっている太陽だけれど、とっても綺麗な光景なんですよね。
今の東京でこんな景色が見られる場所ってあるのかなぁ・・・


日の出 (405フリーウェイをLA空港近辺から南へ向かっている時の車中から)

5:50am  まだ暗いです。車もライトが必要。
c0058670_15215523.jpg


6:00am  だんだん空が明るい色に。
c0058670_1522314.jpg


6:20am  日が昇ります。
c0058670_1522131.jpg



日の入り (405フリーウェイをValley方面から南へ向かっている時の車中から)

4:40pm  日が沈みます。
c0058670_15222185.jpg


5:00pm  夕焼け。
c0058670_15222856.jpg


5:10pm  ぽつぽつと灯りが。
c0058670_15224425.jpg


日の出も日の入りも空の色はほとんど同じなんですね。私も知らなかったぁ。
海岸沿いから見るっていうのはよくありますけど、街中でこんな風に見られるのって、LAならではだと思うんですよ。



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-12-10 17:22 | ★その他

LAでのボージョレー・ヌーヴォー

c0058670_1045216.jpg
11月17日、2005年ボージョレー・ヌーヴォーが解禁となりました。日本は時差の関係でいち早く解禁を迎えましたね。出荷量もダントツ。色んな種類のボージョレーが手に入るんだろうな~

ロサンゼルスでは日本ほどのボージョレー熱はないようです。それでも解禁を祝って特別メニューが出されるレストランがあったり、ワイン好きの方たちがパーティを開いていたり・・・私もお誘いを受けてボージョレー・パーティへ。

用意してくださったワインは、冒頭の「Georges Duboeuf」

c0058670_107576.jpg
「Mommessin」

c0058670_1072675.jpg
「Joseph Drouhin」の3種類。

みんなラベルがとってもキュート♪
色、香り、風味がそれぞれ違うんですよねぇ。今年は今までにない出来だということ。どれも美味しかったけど、一番人気は冒頭の「Georges Duboeuf」。飲み口が柔らかくてまろやかでした。

ワインに合ったオードブルも。
c0058670_10282197.jpg
c0058670_10283046.jpg
c0058670_10283892.jpg
c0058670_1028467.jpg
c0058670_10285486.jpg


サッポロさんも参加されていて、お土産にビールをご提供くださいました。このライトビールはアメリカ限定。日本では販売されてないそうですよ。
c0058670_10313013.jpg


さて、週末お家に遊びに来る予定のお友達ともボージョレーを楽しもうと、以前ご紹介したワインハウスへ買いに行ってみました。
c0058670_10353584.jpg
店員さんに勧められて「Trenel」を購入。まだ飲んでないけどどんな味でしょう。ムフフッ、楽しみ♪

ワインハウスに置いてあった新着ボージョレーは、パーティ会場で飲んだ3種類も含めて全部で7種類。少ないですね。お値段はどれも約10ドルでした。日本と比べてどうでしょう?ワイン好きの方の参考になるようでしたら光栄です♪


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-19 12:11 | ★その他

中田監督 快挙!!


先日ご紹介した中田秀夫監督のホラー映画 「ザ・リング2」が、3/18~20の3日間で3600万ドル(約38億円)も売り上げました~  パチパチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチパチ

先週末の興行収益トップ10では2位のアニメ映画「ロボット」に大差を付けてトップを独走中。  「ザ・リング」は最初の3日間で1500万ドルでしたから、それを遥かに超える成績です。

c0058670_16243954.jpg

監督は英語も達者な方で、役者さんにはご自分の言葉で指導されているんですよ。


c0058670_1627234.jpg


次回作のお話も着々と進んでいるそうです。 楽しみですね♪
[PR]
by miki-priere | 2005-03-22 16:36 | ★その他

ザ・リング2


機会があって映画試写会に行ってきました。

               The Ring Two (ザ・リング 2)
c0058670_6194041.jpg

ハリウッド・リメイク版 「The Ring」 の続編です。

監督は中田秀夫監督!
ご存知、日本版「リング」、「リング2」の監督もされています。
この日は次から次へと忙しくインタビューに答えていらっしゃいました。


c0058670_6321533.jpg c0058670_6544198.jpg

今回の「The Ring Two」は、ハリウッド版オリジナルストーリーとして作られたそうです。もちろん原作に沿っていますが、ところどころアメリカっぽさが出た内容になっています。恐怖心をあおる仕掛けは中田監督らしいセンスが光っていますよ。

それにしても怖かった~ ((;゜Д゜)) ガクガク、ブルブル
来るかも来るかも・・・と構えているにも関わらず、突然現れる恐怖シーンに驚かされちゃうんですよねぇ。ジワジワと迫り来る不気味なシーンには背筋をゾゾゾ~っとさせられました。「ホラー映画?結構平気」なんて思っていた私ですが、それはビデオで観ての感想。やっぱり映画館はその迫力が全く違います。

3月18日から全米公開、日本は6月公開予定だそうです。

英語 オフィシャル・サイト 
日本語 オフィシャル・サイト 
[PR]
by miki-priere | 2005-03-19 07:07 | ★その他