<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5つ星、さらに5つダイアモンドなホテル

c0058670_13264028.jpg
知り合いご夫婦が「Raffles L'Ermitage」(ラッフルズ・レミテージ)に滞在されていました。
このホテルはシンガポールにある会社が母体で、あの有名な超高級ホテル「Raffles Hotel Singapore」と同系列。施設、サービスともに五つ星レベル、もしくはそれ以上のものを期待する富裕層を主なターゲットにしているホテルなんです。

それを証明するのがこちら!!
c0058670_16322084.jpg
“ファイブ・スター”だけじゃなく、“ファイブ・ダイアモンド”まで贈られてるんですよ~。すごーい。
光の加減で☆が2つになっちゃってますけど、ちゃんと5つ、キラキラ輝いてました^^


c0058670_16441280.jpg
清潔感溢れるロビー。

c0058670_16442857.jpg
ロビー横はリビングルームと呼ばれる場所。本当にお家のリビングルームのようで、落ち着きのある雰囲気です。

c0058670_16444767.jpg
内装やベッドのレイアウト、全てがよくあるホテルのお部屋とは違うように思います。自宅のベッドルームもこんな風にできたらいいな・・・と思ってしまうほどステキ♪


c0058670_16494230.jpgc0058670_16495587.jpg
c0058670_16513139.jpg
バスルームで感動したのは、壁に取り付けられたシャワーノズルの他に、写っているホース付きが別に設置されていたこと。これってとっても便利なのに、他ではなかなか見られないと思うんですよ。


c0058670_173584.jpg
そしてそして、お部屋のデスクの上には、滞在者の名前入りで「名刺」「ファックス・カバーシート」「便箋」などが用意されてるんです。さすが、ファイブ・スター エーンド ファイブ・ダイアモンド!

c0058670_17165368.jpg
プールは眺めの良い屋上にあります。

c0058670_1717146.jpg
スポーツジムだって。マッサージサービスやサウナルームも。


他にさすがと思わせるサービスは・・・

■滞在中、滞在客の名前を従業員さんみんながきちんと覚えていて、「グッドモーニング、ミスター○○」などと挨拶してくれる。

■必要があって部屋からフロントやハウスキーピングなどに電話をした時も、「ミスター○○、何か御用ですか?」と言ってくれる。

■お部屋のお掃除は、お願いしたいときに部屋にあるボタンを押して知らせる。なので、予期せぬ時に部屋をノックするハウスキーピングさんに起こされたりビックリさせられることがない。

■並ばない、待たない、混んでいない。

うふふっ^^ いかがでしょうか?
こんな素晴らしいホテルに滞在できたら、最高な気分の旅行になるのでしょうね。
でも高いです、もちろん^^;

私もこんなステキなホテルに迎えられる立派な人間になりた・・・・・・・・・・・・無理だな;


Raffles L'Ermitage Beverly Hills
住所: 9291 Burton Way Beverly Hills, CA 90210
Tel : (310) 278-3344


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-29 17:55 | ビバリーヒルズ

ビッグママの味

c0058670_9565883.jpg
母親が作ってくれた家庭料理はいつになっても懐かしく、自分の味覚の原点であったりもしますよね。ここは、アメリカ南部地方の黒人家庭で受け継がれてきたビッグママ(お母さん)の味、ソウルフードが食べられるレストラン「Roscoe's /House of Chicken'n Waffles」(ロスコーズ/ハウス・オブ・チキン エンド ワッフル)です。


c0058670_102301.jpg
お客さんもほとんどが黒人さん。ランチ時はいつも行列ができる人気のお店なんですよ。


c0058670_102471.jpg
何か雰囲気ありますね。とってもオシャレ。ブルースとか演奏してるのかなぁ・・・隣にレイ・チャールズが座っててもおかしくないかも^^


c0058670_10412686.jpg
人気メニューは店名にもあるように、フライドチキンとワッフル「Carol C. Special」($7.40)です。朝食として一番食べられているメニューだそう。チキンはカリッと香ばしくて中はジューシー。ふんわり焼けたワッフルにはバターとシロップをたっぷりかけて。これがホント美味しいのです♪


奴隷制度時代、アフリカからアメリカ南部に連れて来られた黒人奴隷達が、白人の食べ残した食材を上手に調理し、それらを家庭料理として受け継いできました。それが“Soul Food”(魂の料理)と呼ばれるようになったんですね。
そして、このフライドチキンはソウルフードの代表的なお料理なんだそうです。白人農場主の捨てた鶏の手羽先や足先、首筋などを、時間をかけて油でよ~く揚げ、骨まで柔らかく食べやすくしたものがルーツなんだそう。
そんなフライドチキンが今ではアメリカ全土ではもちろん、世界でも広く食べられるようになったなんて、すごいですよね。

c0058670_1264990.jpg


★写真はウェストロサンゼルス店。この近辺の治安はあまりよくないようです。夜は行ったことがないため様子は全く分かりません。
ハリウッド店にはNBAの選手やラップミュージシャンなどが度々姿を見せるそうですよ。


Roscoe's/House of Chicken'n Waffles
ハリウッド 1514 North Gower St. Hollywood, CA 90028
ウェストロサンゼルス 5006 West Pico Blvd. Los Angeles, CA 90019
ロサンゼルス 106 West Manchester Blvd. Los Angeles, CA 90003
パサデナ 830 North Lake Ave. Pasadena, CA 91104
ロングビーチ 730 East Broadway Long Beach, CA 90802


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-26 13:34 | ウェストロサンゼルス

大人気なカップケーキ

c0058670_3512737.jpg
“ニューヨークではカップケーキが大ブレイク”と、NY在住の友達に聞いて「へぇ~」と思っていたら、“ビバリーヒルズにカップケーキ屋さんができたらしい”と、LA在住の友達が言っていてまたまた「へぇ~」。何だか最近ブームのようです。


c0058670_4121285.jpg
ビバリーヒルズにできたお店は「Sprinkles」(スプリンクルス)。人気を証明するかのように、お店にはいつも行列が。

c0058670_4144141.jpg
小さな店内は人でいっぱい。

c0058670_4162567.jpg
この時は確か午後2時過ぎ。20種類はあるはずなのに、ショーケースに残っていたのはたったこれだけです;



c0058670_4382726.jpgc0058670_4383768.jpg
上にたっぷりのせられたバタークリームが人気のポイントですね。アメリカ人にとって、可愛くって甘いカップケーキは幼い頃の郷愁をかきたてられるのだそう。小さい頃によく食べた思い出のお菓子ってありますもんね。

ケーキは甘すぎず、柔らかくってオイシ~♪(一個$3.50) ただ、バタークリームの甘さが私にはちょっとヘビーだったかな。



カラフルなカップケーキホルダーや
c0058670_5183767.jpg

フエルト生地でできたカップケーキのぬいぐるみもあります。
c0058670_5184535.jpg

お持ち帰りのボックスも可愛い。
c0058670_5201272.jpg





                そして今日はね♪




            ベティ~ お土産だよぉ~♪


c0058670_5271524.jpg



                 ほらぁ~


c0058670_5303089.jpg
             ドッグ用カップケーキ(一個$2.50)



c0058670_5425357.jpg
             うふっ^^ 嬉しそうだね。


c0058670_5431916.jpg
                   だめよ。


c0058670_5433126.jpg
                 まだだめよ。


c0058670_5433947.jpg
                まだ食べちゃだめよ。


c0058670_5434663.jpg
             あ、しつこい? それじゃー、どうぞ。


c0058670_544365.jpg
                  おっ!?


c0058670_544118.jpg
                  一気にいく?


c0058670_5442240.jpg
                 食べるの早すぎ。


c0058670_5443163.jpg
                 お皿の下までっ!?


c0058670_5444116.jpg
              カップケーキ屋さんに感謝だね^^


Sprinkles
住所: 9635 Little Santa Monica Blvd. Beverly Hills, CA 90210
Tel : (310) 274-8765


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-22 06:55 | ビバリーヒルズ

LAでのボージョレー・ヌーヴォー

c0058670_1045216.jpg
11月17日、2005年ボージョレー・ヌーヴォーが解禁となりました。日本は時差の関係でいち早く解禁を迎えましたね。出荷量もダントツ。色んな種類のボージョレーが手に入るんだろうな~

ロサンゼルスでは日本ほどのボージョレー熱はないようです。それでも解禁を祝って特別メニューが出されるレストランがあったり、ワイン好きの方たちがパーティを開いていたり・・・私もお誘いを受けてボージョレー・パーティへ。

用意してくださったワインは、冒頭の「Georges Duboeuf」

c0058670_107576.jpg
「Mommessin」

c0058670_1072675.jpg
「Joseph Drouhin」の3種類。

みんなラベルがとってもキュート♪
色、香り、風味がそれぞれ違うんですよねぇ。今年は今までにない出来だということ。どれも美味しかったけど、一番人気は冒頭の「Georges Duboeuf」。飲み口が柔らかくてまろやかでした。

ワインに合ったオードブルも。
c0058670_10282197.jpg
c0058670_10283046.jpg
c0058670_10283892.jpg
c0058670_1028467.jpg
c0058670_10285486.jpg


サッポロさんも参加されていて、お土産にビールをご提供くださいました。このライトビールはアメリカ限定。日本では販売されてないそうですよ。
c0058670_10313013.jpg


さて、週末お家に遊びに来る予定のお友達ともボージョレーを楽しもうと、以前ご紹介したワインハウスへ買いに行ってみました。
c0058670_10353584.jpg
店員さんに勧められて「Trenel」を購入。まだ飲んでないけどどんな味でしょう。ムフフッ、楽しみ♪

ワインハウスに置いてあった新着ボージョレーは、パーティ会場で飲んだ3種類も含めて全部で7種類。少ないですね。お値段はどれも約10ドルでした。日本と比べてどうでしょう?ワイン好きの方の参考になるようでしたら光栄です♪


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-19 12:11 | ★その他

お勧め映画館

c0058670_3401168.jpg
ハリウッドを通るSunset Streetを車で走っていると、ゴルフボールのようなドーム状の建物が目に入ります。

周りに色々と障害物があってせっかくのドームを上手に捕らえられませんが、別の角度からもう一枚。
c0058670_3411488.jpg
かわいくってユニークな建物ですね。ここは1963年に建てられた「Cinerama Theatre」(シネラマ・シアター)という映画館。数々の新作映画のプレミア会場にもなってきた映画館なんですよ。


c0058670_3471962.jpg
このシネラマ・シアターが2002年3月、ドームの裏側に新たに14のスクリーンを加え、「Arclight Cinemas」(アークライト・シネマ)と改名して再オープンしました。
映画の都と呼ばれるハリウッド。せっかくLAにいらしたならば、是非是非映画も観ていっていただきたいもの。映画館はあちこちにありますけど、お勧めの一つはやっぱりここですね。

c0058670_4211983.jpg
吹き抜けの広々としたロビー。これは上映スケジュールの掲示板。
c0058670_4213051.jpg
今までの映画館にはなかったカフェや
c0058670_4214436.jpg
映画にまつわる商品を多く揃えるギフトショップまで併設されてます。
c0058670_524716.jpg
これはどの映画館にもある売店ですが、館内に充満するポップコーンの匂いはアメリカならでは。ポップコーンを頬張りながら(始まる前の広告や予告編のうちに食べ終わっちゃうことが多いけど;)の映画鑑賞は一つのスタイルなんですよ。

館内はとにかく豪華。シートは他の映画館より幅広でゆったり。座り心地や傾斜角度にもこだわっているので、疲れないし前の人の頭を気にすることもありません。音響システムも最先端。古い映画館とは臨場感が違います。英語が分からなくたって平気平気。雰囲気できっと楽しめるはず。
チケットは窓口、電話、ネットでも購入可能。座席指定もできるんです。人気の新作映画の場合は安心ですね。駐車場も映画館のバリデーションがあれば4時間まで2ドルです。



さて、この日はTsotsi(ツォッツィー)という映画の試写会でここへ。

ストーリーの舞台は南アフリカ。親の愛情を受けられず、ストリートチルドレンとして育った主人公“Tsotsi”が、殺人や強盗を繰り返す中カージャックした車に乗っていた赤ちゃんを誘拐する形に。この赤ちゃんを通した触れ合いの中で彼の中に愛情が芽生えていく。愛で人は変われる、やり直せるということを改めて感じたとっても良い作品でした。

“Tsotsi”とは、南アフリカのストリート用語で“ギャング”という意味。南アフリカは英語や部族語など11種類の公用語があるそうで、英語字幕付きでした。台詞のところどころに英語が聞こえるのに何だか不思議な感じです。
全米公開は2006年1月予定、日本にも配給されるかもしれませんね。

ところでこの映画を観て、昔ヨーロッパを一人旅した時にローマでストリートチルドレンの集団に襲われたことを思い出しました。ポケットの小銭が目当てで幸い私もお金も無事でしたが、その時は本当に怖い思いをしました。でも彼らも生きるのに必死なんですよね。

生まれながらの悪人はいません。その人を取り巻く環境や経験が人間形成に大きな影響を与えるものだと思うんです。この映画の主人公もそうですが、親もいない、家もない、お金もないストリートチルドレンは、生きていくためにどんな方法を使ってでも自分で自分を守らなければならないのですね。

そんな子供達のためにいったい何ができるでしょうか。
募金や物資提供もその一つだと思うけれど、もっと彼らの心に届くようなこと・・・
私にできることは何だろうと、全くの無力ながらも考えるのでありました。


Arclignt Cinemas
住所: 6360 West Sunset Blvd. Hollywood, CA 90028
Tel : (323) 464-4226/チケット


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-17 09:30 | ハリウッド

気取らない着飾らないイタリアンレストラン

c0058670_1040119.jpg
いつもコメントを下さるTAKAKOさんからのリクエストで「Cafe Angelino」(カフェ・アンジェリーノ)へ。ここは、ウェストサイドの3rd Street沿い、以前ご紹介したRobertson Blvd.と交差する辺りにあるイタリアン・レストランです。

こじんまりとした店構えとお店前を囲んだ白い柵が、何だか普通のお家のようで、とってもアットホームな雰囲気なんです。気取らず着飾らず、ラフな気分で食事に来てもらいたいというオーナーの気持ちが表れているのでしょうね。

c0058670_1411052.jpg
メニューにもあるように、本格的なイタリアの家庭料理を自宅でも食べてもらえるようにと、テイクアウトにも力を入れているそうです。
私の周りの人達からも美味しいとお墨付き。“本格的”とのお言葉通り、期待を裏切らない味ですよ。


今回のオーダーは、生ハム好きの私と生ハム好きな友達の食べたいものがリンクしてしまってすごいことにっ!!

c0058670_1412177.jpg
生ハムとモッツァレラチーズのアンティパスト($12.50)
c0058670_14130100.jpg
生ハムのビザ($10.00)
c0058670_1413835.jpg
ペンネ・アラビアータ($9.75)

色的にも栄養的にもグリーンが必要だったようですね^^;
でも生ハムは世界3大ハムの一つ、パルマハム使用。麺はしっかりした歯応えのアルデンテ。
文句なしです♪


Cafe Angelino
住所: 8735 West 3rd Street Los Angeles, CA 90048
Tel : (310) 246-1177


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-15 16:31 | ビバリーヒルズ

ハイクオリティなお花屋さん


サンタモニカより少し南にあるベニスビーチ。このベニスの街に、Abbot Kinney Blvd.(アボットキニー・ブルバード)というオシャレなお店が並ぶ通りがあります。

このエリアは、アーティストやサーファーが多く住むことでも知られていて、アーティスティックなセレクトショップやギャラリー、地元サーファーが集うサーフショップやカフェなど、センス良いお店が軒を連ねているんです。

ここにはご紹介したいお店がい~っぱい。でも順を追ってということで、今回は、お友達に教えてもらった以来、ここぞ!という時にお世話になっているお花屋さん「Scentiments」(センチメンツ)をご紹介します。

c0058670_917203.jpg
入り口は一見何屋さんかよく分かりません。そこがまた神秘的。

c0058670_9173045.jpg
中に入ると花瓶やキャンドルスタンド、食器などが並んでいます。そう、お花に関連するものを始め、インテリア・アイテムも置いてるんです。


c0058670_9182275.jpgc0058670_9183388.jpg
日本的なものも結構あります。どれもクオリティの高い商品ばかり。シックな和のテイストと明るい洋のテイストが上手く融合された店内は高級感溢れます。


c0058670_9184324.jpg
店内を奥まで進むと・・・華やかですね~♪
撮影はハロウィン前だったので、この時のディスプレイはパンプキン。季節に合わせたディスプレイは毎回オシャレ。お花もまた良質のものを揃えてます。
c0058670_9185318.jpg


この日は、お仕事関係の方のパーティに招待していただいたので、お祝いを贈ろうとお花を注文しに来たのでした。色鮮やかなお花のアレンジメントにしようかとも迷った末、やっぱり可憐で長持ち、お手入れも簡単な“胡蝶蘭”を選びました。


これっ、届けられた胡蝶蘭です。とっても気に入っていただいて、皆さんの目に留まるエントランスに飾って下さいました。(ちなみにこの鉢もここで選びました。暗くて見えないけど;)
c0058670_919229.jpg

まだ開いていないつぼみがこんなにたくさん。胡蝶蘭てお花が開いちゃってる場合が多いと思うのですが、開いたものとつぼみと、全体が本当にバランスよく活けてありました。喜んでいただけて私もハッピー♪
c0058670_9191229.jpg


どれを取っても抜群のセンスのよさを感じる「Scentiments」なのでした。


Scentiments   
住所: 1331 Abbot Kinney Blvd. Venice, CA 90291
Tel : (310) 399-4110

☆お店なくなっちゃいました;(4月2008年)

☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-14 12:49 | ベニス&マリナ・デルレイ

ダウンタウン 補足

c0058670_2475340.jpg
ダウンタウンPart 1~Part 8 まで、ご紹介してきた場所がどんな位置関係か地図に記してみました。★だいたいこの辺りっという感じで赤丸を付けてるので範囲などは正確ではないです。

Part 1   オフィス街
Part 2   文化施設  
Part 3   問屋街
Part 4   リトルトーキョー
Part 5   チャイナタウン
Part 6   オルベラ街
Part 7   アーティスト街
Part 8   スポーツ施設
(最終回)

こんなに近くなのに、それぞれが全く異なった文化を持っているんですよね。ダウンタウンはロサンゼルスなのにロサンゼルスでないような、そんな不思議な街です。



                        最後に・・・


c0058670_2524629.jpg

ダウンタウンの魅力を私なりにご紹介してきました。問屋街もチャイナタウンも・・・どこもとても楽しそうだとコメントもいただきました。でも、魅力的で奥が深い分、まだまだ私達の知らない部分がたくさんあるし、ちょっと道を間違えるとビックリさせられるようなエリアに入ってしまうこともあるんです。

c0058670_2532343.jpg

また、ダウンタウンに限りませんが、ロサンゼルスのほとんどの場所では暗くなると人通りがぱったりなくなります。車社会ということもあって、日中でも歩くことの少ないロサンゼルス。夜道を歩くのはとっても危険なのですよ。



                      ダウンタウンには


                       明るい時間帯


                 行き先をきちんと把握した上で


                      出かけましょう!


               ★ルールを守れば安心して楽しめるはずです★



☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-12 04:30 | ダウンタウン

ダウンタウン 最終回 (Part 8) ~スポーツ施設~

c0058670_322028.jpg
ちょっと「ま」が空いてしまって拍子抜けかもしれませんが、今日は、ずっとお届けしてきたダウンタウン特集の最終回。スポーツ施設についてご紹介です。

この建物はダウンタウンの南にある「Staples Center」(ステープルスセンター)。1999年、総工費約4億ドルをかけて建設された多目的イベント会場です。

 ●NBA(バスケットボール) :レイカーズ、クリッパーズ
 ●WNBA(女性バスケ) :スパークス
 ●NHL(アイスホッケー) :キングス
 ●AFL(アリーナ・フットボール) :アヴェンジャーズ

以上の5チームがここを本拠地として使用しています。
他にもプロレスやボクシングなどのスポーツや大物アーティストのコンサートが行われたり、グラミー賞の授賞式、民主党の党大会の会場としても利用されているんですよ。

シーズン中であれば、バスケットやアイスホッケーなども是非是非観戦してみて下さい。日本では見られない迫力の試合展開が盛り上がって楽しいですよ♪

Staples Center
住所: 1111 South Figueroa Street Los Angeles, CA 90015
Tel : (213) 742-7340(ボックスオフィス)


c0058670_4462694.jpg
これはおまけですが、ステープルスセンターの向かいのビルの壁画です。メガネが共通点の3バスケット選手が描かれています。ちょっとしたジョークですね^^
★写真は数ヶ月前に撮ったもの。2005年11月現在は別の壁画に変わってしまいました。




c0058670_5135627.jpg
さて、こちらはダウンタウン北側に位置する「Dodger Stadium」(ドジャースタジアム)です。日本人選手の活躍で楽しみ方もだいぶ増えたメジャーリーグ。以前観戦の楽しみ方をご紹介したことがあるので、そちらもご覧になってみて下さい。

このドジャースタジアムはビルが林立するオフィス街のすぐそばなのに、たくさんの緑に囲まれた環境にあるんです。もともとニューヨークのブルックリンから始まったドジャース、「路面電車を避ける人たち」を表す「トローリー・ドジャース」がチーム名の由来だそうです。

最上階にあるギフトショップは試合がなくても営業しています。Tel:(323)225-1869
また、ユニバーサルスタジオのシティーウォークにもギフトショップがありますよ。Tel:(818) 761-5677
現在ドジャースに所属している日本人選手は今年あまり活躍の場がなかった中村選手のみですけど、お土産になりそうなものがいっぱいあると思います。

Dodger Stadium  ★日本語あり
住所: 1000 Elysian Park Avenue Los Angeles, CA 90012
Tel : 1-866-363-4377(チケットオフィス)



スポーツやコンサートなどのイベントチケットはこちらでどうぞ
Ticket Master    
All American Tickets (日本語)  Tel: (213) 251-8020


☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-11 06:56 | ダウンタウン

晩秋の候となりました


皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は多忙な毎日を送っております。
なかなか更新ができない状況でごめんなさい;
アクセス数を見るたび心が痛い気分です。

ベティにも淋しい思いをさせているようです。




                 ごめんね。そんなにふてくされないで・・・
c0058670_1732887.jpg




                   愛してるよ♪ ムギュッ
c0058670_17321628.jpg




☆人気blogランキング☆
[PR]
by miki-priere | 2005-11-06 18:02